★『まどひ白きの神隠し』


お知らせ
抜き

【レビュー】異能力系痴漢バトル!?『極限痴漢特異点2-痴漢の証明-』

基本情報・ご紹介

製品タグ
タイトル 極限痴漢特異点2 痴漢の証明
ブランド アストロノーツ・シリウス
発売日 2021/2/26
ジャンル アルティメット痴漢ADV
原画 M&M
シナリオ ヤマガミユウ / すまっしゅぱんだ
霧島へるん / 月影彰太なかぢ
作品傾向 いちゃらぶ / 凌辱もの

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**
 ”アストロノーツ・シリウス“から2021年2月26日に発売された『極限痴漢特異点2-痴漢の証明-』は、前作『極限痴漢特異点』の続編となる作品です。主人公はイケメン’草壁喜壱’がヒロインを痴漢し、また痴漢バトルなど、独特な雰囲気のある『異能力系痴漢』が特徴。主人公とのシーンは無理矢理感なく、ハードルの低いHイベントでした。

 また、メインヒロインは5人。各ヒロイン毎に単体のDL版が同時発売されており、価格は1,680円とお求めやすく、気に入ったヒロインだけでのリーズナブルなプレイが可能となっており、プレイヤーに優しい作品です。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

各ヒロイン単体版に飛びます

天宮からん
CV:逢月ねる
相馬志珠
CV:ヒマリ
リーザ
CV:柏木逢花
建部祇京
CV:ももぞの薫
栗田泉那
CV:姫川あいり

採点・グラフ

レビューについて

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

 

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
12/20 6/10
キャラ 17/20 17/20
ビジュアル 19/20 23.75/25
エロ 19/20 33.25/35
演出
システム等
10/20 5/10

総評

**総評点** 85点

単体版の概要

 フルサイズ版の価格がPK版で8,800円、DL版が7,091円に対し、ヒロイン単体版は1,528円です(税抜)。ヒロイン単体版の内容は、本編プロローグと、1ヒロインとのストーリーのみ。物語本編(ヒロインを攻略した後の話)には、各単体版のヒロインたち以外にもキャラクターは登場し、サービスシーンもあるので、5つ単体版を買われると本編ストーリーが付かないので注意です。ヒロインや内容についてはキャラ・ビジュアル/エロ(下記)に記載。

シナリオ・テキスト

 無印の『極限痴漢特異点』は、中途半端に終わったメインストーリーでしたが、その続きということもあり、個人的には展開が気になるシナリオでした。しかし、ジャンル的には抜きゲなので気になれなくても、実用性さえあれば良いと思いますので、前作をプレイ必須とわけではないように思います。

 前作同様に、痴漢に対してひたすら真面目に向き合う主人公’草壁喜壱’が痴漢し、バトル展開もする物語で、リアルさに欠けるストーリーです。言い換えるならば「異能力系痴漢バトル」で、逆にその展開が独特で興味を引いた作品でした。

 痴漢への想いが異常で、常識あるヒロインたちは、その言動にタジタジ・ツッコまざるにはいられないブッ飛んだテキストで、良い意味でおバカな作品です。そんなおバカさが独特な雰囲気を醸し出し、凌辱系などの苦手なプレイヤーに対してのハードルが下がり、現に凌辱苦手な方もプレイしやすい作品でした(輪しなどの描写も一部あります)。

 逆に言えば、現実的かつ、嫌がるヒロインに対して恥辱を与え、合意に基づかないハード的な描写を求める方には、不満が残りそうな内容かと思います。痴漢系作品とは似て非なるもので、主人公に対してヒロインたちは嫌悪感を抱かないのが特徴です。

演出・システム等

 毎度おなじみ、コマンド選択によるミニ痴漢ゲームはあります。ターン制限内弱そうな部位を痴漢にて攻め、絶頂させるゲーム性ですが、ただコマンドを選択するだけで、前作と変わり映えなし。ヒロインのリアクションを楽しむためだけのものですが、何かしらテコ入れが欲しかったです。

 また、こまかなバグ、誤字脱字が多い印象です。プレイ自体には差しさわりありませんが、ver1.01(21/3/11時点)で10数個確認しました。キャラクター名の間違いや、テキスト横のキャラクターアップショットが目・口なしなど、デバック不足です。

 男性キャラクターに声が付いていないので、男性登場キャラが多い場面では読み難いようなことも感じました。

キャラ

 各ヒロイン、主人公に対しての行動に当初戸惑いを見せながらも、行為を繰り返すことに’喜壱’に対し好感を持ちます。痴漢キッカケですがデレなども見せ、凌辱シーンも回避は可能です。

**天宮からん 逢月ねる**
 明るく元気な性格の女学生で、チア部に所属しており健康美が特徴的。ラーメンの食べ歩きが趣味で、活発的なヒロイン。’からん’の母親も登場し、親子丼のシチュもあります。

**相馬志珠 CV:ヒマリ**
 プライベートでの趣味はコスプレで、職場ではその趣味を隠しています。裏の顔は有名コスプレイヤーな美人OL。周りではクールで通しておりますが、主人公に対しては物言う生格で、コスプレで見た目も変わり、2度おいしい。個人的には5人中2番目に良かったヒロインです。

**リーザ・ヴォルコヴァ CV:柏木逢花**
 5ヒロイン中、一番刺さったロシアっ娘。見た目は幼いが、実年齢は主人公より年上なキャラクターです。ミステリアスなところもあり、少し小悪魔。お茶目なところも魅力的サバサバ。何より色白が似合うルックスです。

**建部祇京 CV:ももぞの薫**
 シリーズ初の人妻。日本舞踊、建部流の家元で、終始和服の似合うキャラクターです。言葉遣いも丁寧かつ古風。物静かな外見の下には好色で淫蕩な顔を隠していたりするギャップのあるヒロインです。

**栗田泉那 CV:姫川あいり**
 前作に登場したアイドルユニット「メテオール」のメンバーの一人。胸が大きいことを気にしており、異性に対しての苦手意識もあるボクっ娘で、性格は引っ込み思案。ヒロインシナリオには前ヒロイン’蒼織’も登場し3Pシーンもあり

各ヒロイン単体版に飛びます

天宮からん
CV:逢月ねる
相馬志珠
CV:ヒマリ
リーザ
CV:柏木逢花
建部祇京
CV:ももぞの薫
栗田泉那
CV:姫川あいり

 

 上記ヒロイン以外にも、攻略後の本編ストーリーには、各2~3シーンHイベントがあるキャラクターがいます。詳細は省きますが、主人公の妹として前作から登場している’草壁しずく’。新しく登場した‘東見くれは’と’アーンナ’がそのキャラクターです。

ビジュアル/エロ

 各ヒロインのビジュアル枚数は14~15枚(回想シーン数)です。キャラクター紹介用イベントに1枚、痴漢パート3枚(3シーン)、主人公との描写が6~7枚(4~6シーン)、凌辱系が3~4枚(3or4シーン)の内訳です。

 他キャラクターでは13HCGの13シーン用意され、その合計は86枚(80HCG)の71Hシーン。ほとんどが1CGのイベントながらも、ボリュームある内容です(ハーレム特典含まず)。

 また、各ヒロイン1カットですがエキストライベントが用意され、任意の衣装チェンジができます。’リーザ’を例に挙げると服装は裸・スクール水着・軍服の3種。猫耳・眼鏡・首輪・ニーソックスのありなしを選択し、回想イベントに反映させることが出来る機能があり、好感が持てます。

 ”M&M“氏が手掛ける作画で、そのビジュアル枚数は80枚を超え、実用性のあるシーンも70シーン以上と、抜きゲー作品ではクオリティーとボリューム両方そなえた内容で満足のいくものでした。

総括

 テキストやシステムは、その独特な作風に慣れたこともあり、前作と比べると点数的には低いですが、抜きゲーの本質である、キャラクターとビジュアル・実用性は要所を押さえているので満足のいく内容でした。

 注意として、リアルな痴漢ものではなく、ヒロインたちも主人公に好意を寄せるので、割合的には凌辱性の少ないところです。逆に言えば、管理人のような凌辱の苦手なプレイヤーには優しい割合で、そこに惹かれたところはあります。

実用性のある内容
80以上のCGに70以上のHイベント
シチュエーションは主人公との凌辱要素のないシーンから、痴漢・凌辱・輪姦まで
エキストラでは衣装チェンジ可能なHイベントあり

関連作品・情報等

★『魔法少女消耗戦線 DeadΩAegis』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。