お知らせ

7/26
スタディ§ステディ2
→10/29に延期

バランス

【レビュー】伝説のシリーズ第二作『美少女万華鏡-忘れな草と永遠の少女-』

基本情報・ご紹介

製品タグ Hシーンアニメーションあり ロープライス
タイトル 美少女万華鏡 -忘れな草と永遠の少女-
ブランド ωstar
発売日 2012/7/27
ジャンル オカルティック官能アドベンチャーゲーム
原画 八宝備仁
シナリオ 吉祥寺ドロレス
作品傾向 純愛 / 伝奇

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介** 
 ”ωstar”から美少女万華鏡シリーズ“2作目となる『美少女万華鏡-忘れな草と永遠の少女-』2012年7月27日に発売された作品です。何度でもこのシリーズについて同じことを述べますが、まずこの価格帯(定価2800円)でのHシーンとビジュアル数・イベント数はフルプライ以上と言っても過言ではないほどのクオリティーの高さです。
 本作も1作目に続き、ミステリアスな雰囲気とエロスが相性良く合わさった、読み応えのあるシナリオ・エロのバランス作品と感じました。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

採点ジャンル バランス型(シナリオ・エロ)
ジャンル係数 25:20:20:25:10

 

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
16/20 20/25
キャラ 16/20 16/20
ビジュアル 30/20 20/20
エロ 30/20 25/25
演出
システム等
25/20 10/10


総評

**総評点** 91点

総評点90点以上
ビジュアル20点以上  / エロ20点以上 / 演出・システム等20点以上

シナリオ・テキスト

 あらすじについては以下。活発で明るかった主人公は心臓の病を抱え、昔の友達とも疎遠になり学園も休みがちになっていた主人公。彼の心に影を落としていた最大の理由しては、幼馴染でもあり、初恋の相手でもある’沢渡雫’の音信不通であり、そんな鬱々とした日々を送る彼の前に突如として雫が現れ…というお話です。

 ロープライス作品でかつ、抜きゲよりな作品ですが、しっかりシナリオも楽しめる作品です。シナリオ的には鬱苦しい暗い形ではあるものの、主人公の心情吐露やミステリアスなところが印象的。個人的には没入感を感じ、またテキスト量的にもロープライスでは多い方です。

 この怪しく伝記的なシナリオが惹き込まれます。現代社会の問題を題材にしているような節がより一層、同情を誘われました。

キャラ/ビジュアル

 攻略対象は1ヒロイン、ほかサブに1人います。性格は従順な明るいタイプのキャラ性でCVは”御苑生メイ“さん。主人公に対し尽くす仕草が好きな方には好きでしょう。無理な要望も応えてあげようとする彼女の姿勢は垣間見れ、また、ポニーテールに髪型を変えたりと魅力的でした。

 ビジュアル枚数は29枚八宝備仁“氏のデザイン力は絶大です。様々なアングルからのヒロインとの描写も然ることながら、背景も着衣、そして構図とすべて文句なしです。定価2800円以上の価値はあり、損のしないクオリティーです。

エロ/演出・システム等

 実用性のあるイベントはメインヒロインが14シーン、サブヒロインが2シーンの計16シーンで、HCGはキスのものを含め25枚でした。他ロープラ作品と比べても10シーンの10CGと一目瞭然。様々な衣装とシチュエーションは、まさに実用性特化型のそれでヒロインに対しての14シーンは満足以上のものでした。

 そして、一番の目玉がエロシーンのアニメーション効果です。4カットに施され複数の差分もあり。他の作品で画質の粗いものもありますが、それも感じず。採算が取れているのか心配になるほどの手間を掛けられているように思います。

総括

 以オカルティック官能ADVということで、訝しげな雰囲気がエロスとマッチして絶妙な感じが致します。前述の通り、当時または昨今の社会問題を題材にしているようなところがあると感じ、分かり易く惹き込まれる作品でした。質・量ともにロープライスとは思えないシリーズ2作目です。

コスパ神
ロープライス作品ながら実用性が高い
シナリオも十分に楽しめる作品
Hイベントにはアニメーションあり!

美麗なビジュアル
キャラだけではなく背景、塗りも厚く技術を感じる作品

関連作品・情報等

★『深淵のラビリントス』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。