★『ガールズフランティッククラン』

お知らせ
抜き

【レビュー】全項目秀でた抜きゲ!『ゲーム(=エロゲ―)みたいな、ステキな恋がしたいっ!』

基本情報・ご紹介

製品タグ BGVあり / Hシーンアニメーションあり / 断面図あり
タイトル ゲーム(=エロゲ―)みたいな、ステキな恋がしたいっ!
ブランド 裸足少女
発売日 2022/2/25
ジャンル エロゲ―みたいな恋愛をするエロゲー
原画 INO
企画/原案
シナリオ
着ぐるみ
白魔術師
作品傾向 いちゃらぶ / コメディ / 仕事

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**

2022年2月25日発売された”裸足少女“から『ゲーム(=エロゲ―)みたいな、ステキな恋がしたいっ!』。本作はエロゲー会社が舞台のいちゃラブゲー。ルートはシナリオ/原画/グラフィック/企画と4種に分かれ、先輩社員のヒロインに制作についてを手解きといった梗概です。

流石、エロゲが何たるかを語るストーリーなだけあって、ブーメランなクオリティだと示しがつきませんが面子の保てた内容です。日常パートは興味を引き、実用性は高く、Hアニメーションあり。抜きゲ―程度しか期待はしていませんでしたが、良い意味で期待を裏切ってくれた素晴らしいの作品した

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

 

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
16/20 8/10
キャラ 20/20 20/20
ビジュアル 20/20 25/25
エロ 25/20 35/35
演出
システム等
25/20 10/10

総評

**総評点** 98点

総評点90点以上
キャラ20点以上 / ビジュアル20点以上 / エロ20点以上 / 演出・システム等20点以上

シナリオ・テキスト

特に目標のなかった主人公が、とあるキッカケでデバックのアルバイトとしてエロゲ会社でゲーム制作を手伝うことに。興味を引きエロゲ会社で働くことを決め、選択肢からシナリオ/原画/グラフィック/企画のお話に分岐。先輩女性社員から手解きを受けつつ恋仲にといった梗概です。

共通√進行後各ヒロイン4種に分岐し、各エロゲ制作面について掘り下げ、かつヒロインとの親睦を深めます。ヒロインとの恋仲になればいちゃラブと制作への研鑽。主人公はエロゲクリエイターを目指すためエロゲを勉強するという流れから、エロゲを選択する場面が登場。その選択したエロゲに沿ったHシチュエーションが楽しめたりもします。

抜きゲ的内容から日常パートは期待薄な本ジャンルですが、良い意味で期待を裏切ってくれ、つまるところ通常パートも面白く楽しめた内容でした。

主人公はエロゲをつい最近まで知らない設定で、先輩社員のヒロインたちがエロゲについて熱く語り、また、エロゲ制作の何たるかをシナリオ/原画/グラフィック/企画から真面目に、時にはコミカルに指導します。

専門的内容もクリエイターでないユーザー向けに噛み砕け、テキストも平易。各パートの拘りや注意点など制作側の意図が覗け、エロゲユーザー相手に非常に相性の良い物語設定。脚色はあるでしょうが制作事情を知れたのは良いキッカケでした。

また、エロゲー制作会社なだけに下ネタなどについては寛容どころか、ヒロインたちの方が積極的です。エロゲに対しての拘りは強く真剣に熱く語ったり、はたまた卑猥なギャグを入れたりと制作の真面目な話と対のコメディ。テンポがあり楽しく読み進めれました。

流石、エロゲの何たるかを語る作品なだけあって、描写表現のクオリティは高い印象を受けました。例えば、どういったテキストがダレるか原因を言及しており、その指摘内容が本作に当てはまらないよう、ブーメランなこともなし。あくまでも、いちゃラブ的内容がエッセンスであることを踏まえ、優先順位立てが良いように感じます。

本作品の舞台である架空エロゲーメーカー’ラムネソフト’は”裸足少女“をモチーフにされています。上記のエロゲに対してのヒロインたちの想いは、本ブランドのエロゲに対しての姿勢と捉えられ、質の良い点から応援したい気持ちになれました(後日同ブランド作品2つ購入)。

キャラ

原画担当の‘リーシャ’はイギリスとのハーフ、金髪美女。明るくフランクリーな性格でデフォルトは褐色眼鏡キャラですが、色白・メガネの着脱がシステムから可変できビジュアル4種お好みに楽しめるヒロインです。

シナリオ担当の‘つづり’は、おっとり系恥ずかしがり屋で主人公の義理の姉。母性溢れるブラコンが彼女の性格です。「はわわぁ…」と困惑するセリフが印象的な少々天然気も見受けられる点は好印象。

本舞台「ラムネソフト」の企画・社長を務める‘琥珀’は、サバサバとしたお姉さんヒロインです。見た目の高圧お嬢様系な印象と違い、分別のある物事の捉え方をして本ヒロインの中で一番大人の女性らしい印象を受け、個人的一番好きなヒロインでした。

一番好きなヒロインは’琥珀’ですが、本作のMVPを決めるとするならグラフィッカーの’茉莉音’です。背の小さい明るく親しみやすいキャラは元より、素で下ネタ連発のヒロインであるも一番世間体を弁え常識人。彼女との掛け合いが非常に楽しく、制作真面目話に反しておバカな会話。メリハリがつきコメディとしても活躍です。

ビジュアル

基本ビジュアル枚数は101枚とフルプライス作品の中ではボリュームのある内容です。’リーシャ’が28枚、’つづり’28枚、’琥珀’19枚、’茉莉音’16枚の内訳。他複数キャラクターの映ったイベントCG10枚を合わして大台の3ケタを超え、全イベントCGはすべて”INO“氏が原画な点は◎。

特徴としては、立ち絵の種類や表情差分は最小限。代わりにイベントCGは、’リーシャ’に関して言えばメガネの着脱差分・褐色⇔肌白差分。全キャラ共通して衣装の多さ、H汁差分など大がかり。どこに重点を置くかを弁別されています。

エロ/演出等

Hシーン総数は64シーン―93HCG。’リーシャ’が16シーン―26HCG、’つづり’17シーン―26HCG、’琥珀’13シーン―19HCG、’茉莉音’13シーン―14HCG。ハーレム系イベントが5シーン―8HCGの内訳です。

エロゲを選択する場面から、ヒロインとのそのエロゲにちなんだ’エロゲーH’がサービスシーンの大半を占めます。こちらはシチュエーションになりきり、はたまたその衣装コスを着ての描写。

例えば、くノ一ものなら忍装束に衣装チェンジし、束縛凌辱プレイをといった流れ。性格や言動もそのエロゲにちなんだキャラクターになりきり、普段のヒロインたちと違うリアクションを楽しめるコンセプトです。

Hシーンの特徴としては淫語卑語の比喩やパワーワードの多さ。例として「チ○ポランキング一位更新」「24時間お○んこサービス」「このチ○ポにお○んこ内定させてください。」など。本ブランドの特徴で卑猥。これら淫語卑語をCVで楽しめます。

チ○カステキスト描写機能なるものもあり、ON/OFFでテキストの切替。BGVやHSE音完備。そしてパイズリシーンの一部には全8カットのアニメーション演出あり。

ヒロインへ放尿しそれを飲んだり、フィニッシュ回数の多さ(多いもので10数回確認)、ハーレムプレイもありなど、マニアックかつ汁だくだくな実用性も抜きゲの中でもいろいろな意味で濃厚でした。

総括

振り返ってみれば、個人的には抜きゲなだけにメインヒロイン4人均等にHシーンを配分して欲しかった点は唯一の不満。’琥珀’推しなだけにHシーンの均等化はお願いしたいところですが、体感ボリューム不足は一切感じず、4ヒロインでも十二分に実用性を楽しめました。

日常パートもエロゲー制作面のHOWTOや雑学、エロゲーに対しての熱意に下ネタによるコメディ等。興味を引かれ時には楽しくの満足いくシナリオです。実用性は濃厚の93HCG-64シーンとボリューム大。コスプレHが主で淫語卑語・Hアニメーションで汁っ気多しかつマニアックないちゃラブでした。

結論、隙のない作品です。優先順位立てがしっかりとしているので、抜きゲとして注力しなければいけないところは工数を。妥協できるところはコスト削減しメリハリあり。非常におおススメしたいいちゃラブ系抜きゲ―です。

要点まとめ

日常パートを楽しめる抜きゲ
舞台はエロゲソフトメーカー
制作のHOWTOとコメディ
ヒロインが良い作品
実用性が良い作品
93HCG-64シーンの大ボリューム
汁だくな濃厚なりきりコスH
淫語卑語・BGV・Hアニメ完備

関連作品・情報等

★『竜姫ぐーたらいふ3』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。