★『我が姫君に栄冠を』

お知らせ

4/4
巨乳ファンタジー4 -修道士アストル-』CG追加

4/1
【フル・ミドルプライイス】21’4月PCゲーム新作情報』更新
【ロープライイス】21’4月PCゲーム新作情報』更新
ハッピーライヴ ショウアップ!』5/28に延期
彼女(ヒロイン)は友達ですか?恋人ですか?それともトメフレですか?Second』9/24に延期

3/21
幼馴染のいる暮らし』CG追加

抜き

【レビュー】*唯々月たすく原画*愛欲に溺れ『水蓮と紫苑』

基本情報・ご紹介

製品タグ BGVあり / 名前呼び可
タイトル 水蓮と紫苑
ブランド hibiki works
発売日 2020/11/27
ジャンル 愛欲に溺れるADV
原画 唯々月たすく
シナリオ 坂元星日 / 泰良則充
作品傾向 いちゃらぶ

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**
 ”hibiki works”×”唯々月たすく“のタッグは『如月真綾の誘惑』以来、1年半ぶりとなります。2020年11月27日にミドルプライス(定価6800円)で発売しました『水蓮と紫苑』。本作の特徴として「ラブコール」というユーザー任意の名前を呼んでくれるボイス機能もあります。
 あらすじは、懐かしの島に行き、久方ぶりの従姉妹と夏季休暇を過ごすところから始まるお話です。公式ジャンルが「愛欲に溺れるADV」。’水蓮’、’紫苑’はヒロイン名です。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZA,amazonに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

 

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
10/20 5/10
キャラ 16/20 16/20
ビジュアル 16/20 20/25
エロ 16/20 28/35
演出
システム等
15/20 7.5/10

総評

**総評点** 76.5点

シナリオ・テキスト

 シナリオは、可もなく不可もなくと感じました。「愛欲に溺れるADV」も公式が公表するほど、終盤以外ヒロインたちが溺れているようには感じませんでした。どちらかというと主人公の方が溺れているように思います。

 テキストについては、ミドルプライスを加味しても量が少ないように感じます。共通までで少々、後はHイベント毎に場面を跨ぎます。(導入→Hイベント)×n、最後にエンディングという構成。量以外は普通に感じました。テキストが読みにくい等も感じなかったです。

キャラ

 ‘水蓮’は「おねしょた」系のお姉さん的な印象です。愛欲よりかは庇護欲が強いように思います。異性として意識が低いように思うくらいのスキンシップや仕草をする、甘やかす包容力の高いヒロインです。‘紫苑’はクールタイプです。そのクールとは違った面も垣間見れるところは良かったです。

 どちらも、序盤から「愛欲に溺れる」感はありませんでした。エロゲヒロインの月並みです。終盤はそういったものは感じられましたが、公式ジャンル感は薄い印象を受けました。

ビジュアル・エロ

 ”唯々月たすく“氏のビジュアルは安定しており、零れるような肉感は扇情的でした。四肢の描画は、男性に好ましいふくよかさ。下着の描き込みも好印象です。クオリティー的には申し分ないものの、ビジュアル数的には40CGと少ないように思うところが若干残念でした。

 実用性は全28シーン。最後のカット以外は1CGだったと思います。2ヒロインとの複数プレイがあったのは良点です。カウントダウン・BGVあり。こちらも若干テキスト量が少ないように思います。

システム

 「ラブコール」というユーザー任意の名前を呼んでくれるボイス機能について、他作品と相対的に考慮すると出来は高いように思います。一番大事なHイベント時での呼び名のボイスには違和感はあまり感じられませんでした。しなしながら改良の余地はありに思います。過度な期待は注意

以下、注意点や要望等。

・各ヒロイン毎に呼び名を選べない
→例 ‘水蓮’を「あっちゃん」呼びにすると’紫苑’は「あっくん」呼び固定
⇒「ラブコール」目的ならコールリストとの確認を推奨

・ラブコールボイスのみの音量変更ができない
→違和感は拭えないところあり、ラブコールボイス音量と他セリフ音量との差異を感じるところがある
⇒音量調整で改善できそうだが個々の調整不可

・「ラブコール」不使用ユーザー向けデフォルトボイスがない
→デフォルトの主人公名で良いので全く違和感のないCVを用意して欲しい

以上を踏まえて頂くと有り難くかつ、好感は持てるのですが…
ただ、同システムの他作品と比べるとクオリティーは高いと思います。

総括

 予算的にも「ラブコール」システムに割かれてか、ボリューム的には若干乏しく感じました。しなしながら、”唯々月たすく”氏のクオリティーは健在。ヒロインの扇情的な四肢の描画、下着の描き込みだ男性ユーザーには好印象ではないでしょうか。”唯々月たすく”ゲーです。

クオリティーの高いビジュアル

関連作品・情報等

**関連**

 


FANZA / FANZA(DL)
\6,600

★『冥契のルペルカリア』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。