★『アマエミ』

お知らせ

5/29
スタディ§ステディ2
→8/26に延期
花鐘カナデ*グラム Chapter:2 花ノ香澄
→9/30に延期

抜き

【レビュー】全HCGハート目あり『間宮摩美は癒やしてあげたい』

基本情報・ご紹介

製品タグ BGVあり / 断面図あり / ロープライス
タイトル 間宮摩美は癒やしてあげたい
ブランド Argonauts
発売日 2022/4/28
ジャンル あなたの癒やしのADV
原画 やまかぜ嵐
シナリオ 灰瞑
作品傾向 いちゃらぶ / 伝奇

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**

2022年4月28日、”Argonauts“からの完全新作『癒してあげたいシリーズ』第一弾『間宮摩美は癒やしてあげたい』がリリースされました。前『美娼女学園シリーズ』では、ロープライスながら質の良い作品を手掛けたブランド。本作の主要制作メンバーは変わらず、ロープライス作品として期待の持てる作品でした。

特徴としてはヒロイン視点の導入。物語中、適宜入れた演出は特段珍しいものではありませんが、このザッピングはHシーンにも搭載されCVもあり。ヒロインがどんな風にHに考えてるか窺える官能小説的演出のある内容です。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

 

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
12/20 6/10
キャラ 16/20 16/20
ビジュアル 20/20 25/25
エロ 18/20 31.5/35
演出
システム等
19/20 9.5/10

総評

**総評点** 88点

シナリオ・テキスト

毎度運のツイていない主人公が、サキュバスのヒロイン’間宮摩美’に声をかけられ見知らぬ里へと赴くことに。彼女たちは人間世界での共存を―――。サキュバスの能力を制御すべく、異性に慣れるため特別精力の強い男性を連れてくることが目的だった。女だけの里―学園で主人公は可愛いヒロインたちとエッチなレッスンを開始する。

第3弾までリリース予定のその初弾がこの『間宮摩美は癒やしてあげたい』になります。メインキャラクターはほかに3人登場しますが、彼女たちの攻略は次回へと持越し。本攻略可能ヒロインはこの’間宮摩美’1人になります。

男に免疫のないサキュバスが異性に慣れるために…というシチュエーションが本作の内容で、セールスポイントは以下。
①愛されすぎてヤバい!―情の深さがやがて癒しに
②Hシーン×ヒロイン視点のザッピング(CVあり)

本作のサキュバスの位置づけ(物語設定)は、「サキュバスは愛情が深い」というものです。情が深すぎるがゆえに人間男性と不仲になってしまうという彼女たちの性質は、レッスンが重なるにつれ次第に主人公に情が湧き、恋愛チックな作品でした。

それを補完するように②のザッピングが適宜あります。Hのレッスン中、レッスン後のヒロインの気持ち。その気持ちの変化が随所に垣間見れる描写が本作のコンセプトになります。

男を喰いモノにするのが大半サキュバスのイメージですが、良識のある価値観をもっている彼女たちで、前者のサキュバス感は強くありません。公式ジャンルの「あなたの癒やしのADV」通りです。

その他に若干のシナリオ性あり。『美娼女学園シリーズ』でもありました伝奇的な雰囲気を漂わせますが、物語の一端に過ぎず起承転結でいうと「転」に差し掛かったあたりで幕引き。シナリオ性を楽しむためには前シリーズ同様次回作の購入必至なため留意です。抜きゲ―であるため重要度しては低くはあります。

キャラ

物腰の柔らかい、照れ屋で大人しそうな第一印象のヒロインでした。サキュバスのイメージとは正反対な性格の印象です。普段日常シーンでは性に関して積極性を見せませんが、Hのレッスンが進むにつれその片鱗を見せます。

序盤はシャイな性格から羞恥な場面が。ステップアップすることに次第にエッチにも耐性がつき、情の深さも相まって「あなたのお○んちんは、私がちゃんと勃起させます」とセリフを言うほどに。サキュバスコスは勿論、淫紋など最終的には主人公に対してHに積極的なヒロインの完成です。

ビジュアル

基本ビジュアル枚数は28枚と価格(3,200円)の割には比較的多い印象です。HCGの割合は21枚。日常系イベント4枚、演出物系2枚、SD1枚の内訳。着衣Hは制服・私服・サキュバスモードの3種になります。差分は多くHCGは最低でも20枚、多いもので50差分もありました。

エロ/演出等

本作品の一番の特徴がヒロイン視点による描写です。日常パートでのザッピングによるヒロインの心情を補完する演出は珍しくありませんが、Hシーンにも取り入れているという点は本ブランドだけではないかと思います。

ヒロインの心情だけならCVのある演出は他作品でも見受けられますが、マルチサイトによるト書き(地の文)にもCVがある点は独特。本作品内の例を挙げると「気持ちが喜ぶと、体も喜ぶということを、初めて実感として知りました。」とヒロインボイスが収録されています。

このヒロインボイスのあるザッピング描写は、Hシーンにて官能小説のような雰囲気を演出します。テンポが悪くなる半面、ヒロインの心理描写の味わえる実用性は唯一無二。サッピング時は漫画の吹き出しのようにテキストウィンドウを変更したりの工夫もあり。主人公視点とヒロイン視点の割合は体感1:1です。

上記に付け加え、全HCGにはハート目差分があります。挿入前であったり本番時、はたまた精液をかけられたり。小まめにハート目を用いることにより、ヒロインがどこに昂ぶっているのか魅力的でした。

シチュエーションはHのレッスンなので、序盤は愛撫だけに留まり、回を重ねるごとにステップアップ。ヒロインのサキュバス感も開眼し徐々にエロスが増していきます。

シーン総数は全19シーン。HCGは適宜リユースしボリューム面を補う施策も。BGV・断面図あり、エロ/システム・演出面においては評価でき、正常・対面座位・背面座位・側位・騎乗・バックなど。一般的体位は網羅されています。

総括

コスパの良い”Argonauts”ですが、本作もその期待を裏切ることなく質の良いロープライス作品をリリースしてくれました実用性高くビジュアル良し。本シリーズのサキュバス感は徐々に描写。控えめ照れ屋なヒロインが次第に積極的になり、かつ主人公を癒そうと献身的な甘エロな内容でした。

シナリオ性が中途半端に終わってしまうのは、前『美娼女学園シリーズ』と同様か、全3作プレイしないといけないところは留意点です。本作がシナリオゲ―なら由々しき事態ですが、抜きゲ―なため然程重要視する点ではないかと思います。

そして肝心の実用性は◎。シーン総数は19シーン。互いに不慣れな初々しい愛撫からサキュバスの本気エッチまでとシチュエーションは豊富で恋愛チックなイチャラブを楽しめ、結果満足いく作品でした。第二弾三弾と予約購入を決断させるほどのクオリティーは保たれています。

要点まとめ

ロープライス作品
実用性の高い作品
サービスシーンでのヒロイン視点あり
ヒロイン視点では珍しいト書きにもCV
全HCGハート目あり

関連作品・情報等




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。