★『クロガネ回姫譚 -絢爛華麗-』


お知らせ

9/4
HOMESTAY a la mode』CV更新

8/30
花鐘カナデ*グラム Chapter:1 小桜結』9/24→11/26延期

8/12
ねぇねぇ姉』CV更新

8/8
創作彼女の恋愛公式 』9/24→11/26に延期

抜き

【レビュー】愛上陸氏原画!『催眠学習 -Secret Desire-』

基本情報・ご紹介

製品タグ BGVあり / 断面図あり(一部) / ロープライス
タイトル 催眠学習 -Secret Desire-
ブランド だーくワン!
発売日 2021/3/26
ジャンル 催眠英才教育ADV
原画 愛上陸
企画/シナリオ NATORI烏賊
作品傾向 学園もの / 催眠もの

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**
 21年3月に発売された”だーくワン!“の『催眠学習 -Secret Desire-』のウリは、なんといっても原画”愛上陸“氏の催眠ロープライス作品が肝となっている作品です。”だーくワン!“は、NEXTON系列で、本ブランドでは処女作になりますが、価格に見合ったボリュームで、21年4月に発売される『搾精病棟 性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活』についても安心ができました。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

 

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
14/20 7/10
キャラ 18/20 18/20
ビジュアル 18/20 22.5/25
エロ 18/20 31.5/35
演出
システム等
16/20 8/10

総評

**総評点** 87点

シナリオ・テキスト

 勉強ができない落ちこぼれ学生の主人公’赤野聡一’が催眠学習装置を使い、悪用してエロいことをしてやろうと計画・実行するあらすじです。冴えない男が催眠によって…という王道展開。作品的には”愛上陸“氏の『催眠性指導』と『イジラレ』の間な印象です。

 催眠を題材にしたエロゲをあまりプレイしていないのですが、特徴としては、ヒロインの心理状況が分かるザッピングを使用。催眠を掛けられた登場人物たちは、主人公によって都合のよい認識を植え付けられ、そのヒロインの主観的な間違っている常識を客観的に窺える工夫がありました。

 そういったチグハグな言動。催眠の掛かり具合がエスカレートし、サービスシーンに向けての期待になるので、催眠系の抜きゲとして俯瞰できるところがポイントです。

 DL版では3,850円のロープライス作品で、だーくワン!処女作ということもありボリューム的に不安がありましたが、価格相当の文量で次回作にも期待が持てる内容でした。

キャラ

 公式ホームページには主人公の立ち絵が掲載され、凌辱作品に多い醜男ではなく、一般的な見た目です。不潔な人物ではなく、物語内での顔出しはなし。特徴はヒロインたちと比べて低身長で、身長差がある外見です。

 ヒロインたちは、彼に対し全員高圧的。怠惰な’赤野聡一’対し、皆不快感を抱いています。関係性は、生徒会長・学園理事長・担任教師・クラス委員長で、そういった「思い知らせる」シチュエーションにはうってつけな彼女たちでした。

ビジュアル

 ビジュアル枚数は基本CG30枚です。実用性が伴うよう、断面図や視点を変えたカットイン・動いているような差分も用意されています。ビジュアルの割合は、’月乃’10枚、’涼香’5枚、’なつき’5枚、’綾子’4枚。複数系に親子丼が2枚、’月乃’と’なつき’1枚、’涼香’と’綾子’1枚、その他2枚の振り分けです。

 原画を務める”愛上陸“氏は成人漫画家で、エロ漫画に特徴的なイベントCGのデザインでした。咥えたときの口をすぼめた「ひょっとこ顔」・「アヘ顔」は描画。ハード系抜きゲ作品とエロ漫画、2つの良さがあるようなデザインに思います。

エロ/演出・システム等

 シーン回想数は30HCGに対し、30Hイベントあるボリュームです。1イベント1CGがほとんどですが、同じシチュエーションをすることによりCGを再び用い、1イベント複数枚あるものもあり、低価格帯ながらの工夫もあるつくりです。ほんの一部ですが断面図描写があり、またBGVはロープライス作品ながらも完備でした。

 回想シーンのヒロインの割合は、綾子が登場するシーンが4シーン。残りのキャラで均等な割り振り。ビジュアルの点からも加味して、’月乃母娘’がメインヒロインなので、均等振り分けでないところは注意です。

 前述のように催眠ならではの間違った認識を植え付けられ、それをザッピングから感じられるところにそそられ、シチュエーション的にもあり得ない、AVのような非日常が見どころに感じます。催眠解除のオチはなく、失意に落とすような演出はありません。

 演技的なものに関しては、ハード系作品にある特徴的な卑語は多めかつ、下品です。アナルの呼称は「ケツ穴」や「クソをひり出す穴」など。これらの言葉遣いは、主人公によって書き換えられており、卑語好き向けな実用シーン。そんな言葉を使わないだろうとのギャップある描写でした。

総括

 催眠に特化してたシナリオと原画の抜きゲです。シナリオ・原画等々のお二方は数多くの催眠作品を出しているので、クオリティ的には問題ありません。低価格を狙ったコスト削減感もなく、ニッチなジャンルに絞った内容で、声優陣も豪華。次回作にも期待が持てる好印象な処女作でした。

ニッチなロープライス作品
催眠もの
制作陣はシナリオ:NATORI烏賊、原画:愛上陸

価格に対してのボリューム○

関連作品・情報等

★『エルフのお嫁さん ~ハーレム婚推奨~』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。