★『ガールズフランティッククラン』

お知らせ
抜き

【レビュー】黒ギャル調教催眠『完堕ちX生意気ギャル 〜チョー気持ちイイ!アタシ、センセイの肉オナホになるっ!〜』

基本情報・ご紹介

製品タグ Hシーンアニメーションあり / 断面図あり
タイトル 完堕ちX生意気ギャル
〜チョー気持ちイイ!アタシ、センセイの肉オナホになるっ!〜
ブランド POISON MOTION
発売日 2022/2/25
ジャンル カリスマギャルを催眠調教するADV
原画 みどり葵
シナリオ さんきち
作品傾向 堕ちもの / 催眠もの

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**

2022年2月25日”POISON MOTION”から発売された『完堕ちX生意気ギャル 〜チョー気持ちイイ!アタシ、センセイの肉オナホになるっ!〜』は、ハード系抜きゲ―メーカー“POISON”のHアニメーション機能を追加したミドルプライス作品です。「完堕ち」とありますが催眠ものになります。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

 

採点ジャンル 抜きゲ型
ジャンル係数 10:20:25:35:10

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
11/20 5.5/10
キャラ 12/20 12/20
ビジュアル 13/20 16.25/25
エロ 14/20 24.5/35
演出
システム等
18/20 9/10

総評

**総評点** 67.25点

シナリオ・テキスト

養護教諭である主人公が素行の悪いヒロインを更生の名目の下、催眠で毒牙にかけるというお話です。ターゲットは生意気な黒ギャルの’白河恵里菜’と同学園に務めるカウンセラーの’諏訪清華’です。

物語性といったものはなくサービシーン以外の通常シーンは極力省かれ、その分実用性に振られたテキスト。言い換えるとHシーンにテキストをつなげたようなシナリオ構成。堕ちていく過程、ヒロインが苦悩したりなどの葛藤等のHCGイベント以外のエピソードはほぼほぼ皆無。このような描写を楽しまれたい方には注意です。

キャラ

メインヒロインの’白河恵里菜’は教師たちも手に負えない黒ギャル。タイトルの「生意気」なエピソードが始まる前に催眠を行ったため、どの程度のものだったのかは不明。催眠を一部かけられ抵抗の際言葉尻は汚い点で言えば生意気です。

サブヒロインの’諏訪清華’は清楚系お姉さん。調教前は主人公に嫌悪を抱いておりましたが序盤の催眠調教1シーン以外は忠実な助手に。調教済みで従順なヒロインです。

両者ともに通常テキストが少なかったため調教前のヒロインたちの性格があまり描写されていません。反抗的な態度を楽しみたい主人公はいきなり従順にするような完全な催眠を行わないところは仕様です。

ビジュアル

基本ビジュアル枚数は30枚。’恵里菜’18枚、’清華’7枚、ハーレム系4枚、他1枚の内訳です。タイトルからギャルものを窺えますが、1/4はギャルとは違うサブヒロインを含むため留意点の1つです。

ハード系作品であるためH描写は良い意味で下品。鼻水や涎などのアヘり。失禁系や浣腸など、また弛緩しきったアヘ顔は収録。表情以外の差分は大がかりです。

エロ/演出等

催眠薬を使ったHシーンはシチュエーションとして豊富です。冒頭の金縛り凌辱から始まり、露出自慰にボディペイントプレイ。お漏らし、アナル、浣腸。ディルドを挿入したままの授業強制など。内容的にはハード系で1シーン1シーンは通常パートテキストを省いた分、ボリュームある実用性テキストです。

シーン総数は全17シーン。恵里菜が14シーン、清華6シーン、複数形3シーン。アニメーションは恵里菜が3カット、清華2カット、3P1カットです。

Hシーンには一部アニメーション機能があり、上記CGアニメーション以外にもカットインによる凡庸アニメーション(ベロちゅう)あり。イベントCGとアニメーションとで解像度の違いがあり、一部違和感のある点(汁系差分が不自然に伸びてる点)など、クオリティ的には並です。その他に断面図演出もあります。

エンディングは妊娠・鬼畜・ハーレム・サブヒロインの4種。生意気感を残しながらのものもあれば、催眠調教により狂ったものと幅のある最後でした。

総括

Hシーンをテキストで繋げたシナリオ作り。生意気ギャルを催眠で主人公の意のままに。一部アニメーションのあるハード系催眠調教作品が本作です。4000円強のミドルプライスですが、1/4はタイトルと違うギャルヒロインでないキャラのシーンがあるところは留意点。実用性に突出した内容でした。

実用性は凌辱調教汁だくお下劣に鬼畜。凌辱的ではあるものの導入テキストが少なく生き狂うヒロインであるため悲壮感的なのは少なく、レ○プものとは少々異なります。

個人的にはあまり触れないジャンルで、黒ギャルヒロインに惹かれましたが好みには合わずでこの点数となりました。実用性だけで見ると決してボリュームがない訳ではないのでシチュエーション合う方には刺さる作品かもしれません。

要点まとめ

黒ギャル調教催眠作品
汁だくだくなハード系
Hアニメーションあり

関連作品・情報等

★『Role player:とろろ姉妹の粘膜ポトレ ぐりぐちゃLIVE!』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。