お知らせ
いちゃらぶ

【レビュー】メイドもの優秀作品『おしえてRe:メイド』

基本情報・ご紹介

製品タグ 廉価版あり
タイトル おしえてRe:メイド
ブランド ユニゾンシフト
発売日 2006/7/28
ジャンル ダメっコメイドさん再教育AVG
原画 織澤あきふみ
シナリオ 七央結日
作品傾向 学園もの / 成長譚

 タグ・リンク文字色・検索について

**ご紹介**

2006年に”ユニゾンシフト”リリースされた『おしえてRe:メイド』は、タイトルの通りメイドものの作品です。2000年初頭からメイドキャラが徐々に人気に。2005年辺りからメイド喫茶ブームと流行に乗った形になるかと思われます。

今では確立された地位を築いたメイドさん。当時のエロゲ界隈も2002年『水月』の’琴乃宮雪’、2005年には名作『パルフェ』。THEメイド喫茶『Piaシリーズ』などなど。競合作品は数多にあり、埋もれがちな同ジャンルですが『おしえてRe:メイド』はメイドものとして非常に良かった作品でした。

15年近く前の作品で演出など時代を感じる点はありますが、「メイド」の良さをとヒロインのキャラ性が上手く折り重なり、非常に満足な内容でした。全面的にメイドを推した作品も少なく、メイドキャラを楽しみたいなら本作を強くオススメしたいです。

ヒロイン/サンプルCG

※サンプルCGはFANZAに飛びます
上からサンプル、ヒロイン名/キャスト、キャラ属性、イベント内容
タグ・リンク文字色・検索について

採点・グラフ

レビューについて

 

採点ジャンル いちゃらぶ型
ジャンル係数 15:25:25:25:10

採点項目 点数 補正後
テキスト
シナリオ
16/20 12/15
キャラ 20/20 25/25
ビジュアル 19/20 23.75/25
エロ 18/20 22.5/25
演出
システム等
14/20 7/10

総評

**総評点** 90.25点

総評点90点以上
キャラ20点以上

シナリオ・テキスト

再生請負人である主人公’新津秋人’に一本の依頼が舞い込む。
『貴方にメイドを預けます──』

向かう先は、立派なメイドになることを夢見る少女たちが集う’私立小椎尾メイド学園’。彼が請け負うのは4人のおちこぼれメイドたちだった。
一人は不運なお嬢様。一人は面倒見はいいが高慢ちきで反抗的。自分は護衛だと言い張る無表情に。そして歩くトラブル称される純真無垢な少女。

彼女たちを無事全員卒業させる責務を背負うこととなった主人公。こうして、’秋人’とメイドたちの騒がしい一年が始まったのだった。

要はフルプライスの完全メイドものです。流行りに流行ったメイドさんですが、実際には一部だけヒロインがメイド属性の作品が多数を占めるところ、本作は個性あるヒロインが全員メイドさんとして給仕するお話も珍しいかと思います。

シナリオ構成は、共通シナリオとマップ選択による各ヒロインシナリオを経て個別ルートに突入の流れです。選択制によりイベント進行が多少前後、食い違いがありますが、ザッピング導入により上記とのシステムは相性良い印象を受けました。

物語中は随所にサービスシーンがあり、シナリオとエロとのバランスが良い内容です。抜きゲ―程ではありませんがキャラゲー以上にHシーンは豊富。よって、間のジャンルのいちゃらぶ作品と判断いたします。

主人公は成績不良なメイド学園生徒を学園卒業まで導くお話。一年を通して彼女たちと交流し、仮の主人としてヒロインたちを教育しつつ立派なメイドにするために手腕を振るいます。

特別奉仕という形でエッチなことを教える流れになり、恋愛的ステップが前後逆な点もありますが、恋愛描写も楽しめ、また彼女たちの成長も窺える物語です。

ヒロインごとに「奉仕」の仕方にも注目。各々ヒロインらしいおもてなしがコンセプトで、どのストーリーも主人公に尽くすヒロインという形がウリになります。

料理や掃除などの家事をはじめ。煙草に火をつけてくれたり、眼鏡を拭いてくれたりの行き届いた心遣い。はたまた恋人関係のように膝枕で主人を労うヒロインたちの立ち振る舞いに癒される作品でした。

キャラ

金髪の‘フェリネ・レイヤード’は、お嬢様設定の柔和かつ気品の少々天然のヒロインです。本作一番メイドらしい性格をしています。徐々に心の余裕が出ると小悪魔チックにイタズラ心もあってさらに魅力的に。嫌も嫌も好きのうちのような嗜虐心も芽生えてしまうメインの一人です。

赤髪の‘ライラ・フェンディ’は王道ツンデレのムッツリさん。主人公に対し天邪鬼なところが健気です。主従間というよりかは腐れ縁的な関係性でもあります。素直になれない描写がムズ痒く、ツンからのデレは、テンプレですがやはり良し。デレたにも関わらず再度ツンケンしたり、ツンデレ好きにはたまりません。

黒髪ロングの‘中立売白羽’は無感情系口数の少ないヒロインです。感情をあまり表に出さないためミステリアスな印象。この無感情系棒読み的キャラクターボイスも魅力の1つです。物語が進むにつれ、感情を徐々に示す彼女の成長も心地がよろしいです。

緑髪のロリっ娘の’彩辺朱里’は、犬っぽく懐こい明るい性格。不器用ではありますが一生懸命に励む点は好感が持てます。一昔前のテンプレ的ドジっ娘ですが一周回り今では珍しいキャラクターです。

「メイド」と言えば、礼儀正しく主人を敬い卒なくこなす堅苦しいイメージとは違う、彼女たちらしい個々の「ご奉仕」がしっかりと感じ取れました。またメイド特有のたくし上げ、裾を咥えさせるといったイベントは印象的です。

心情の変化は勿論あるものの、キャラの特色は一貫性がある点にも好感が持てます。各ヒロイン精神的にも成長する物語ですが、最終的にも「らしさ」を残すところはキャラゲーとしても良点です。

ビジュアル

特筆してお伝えしたいところが、メイドものの本作。衣装に注目されるところですが非常に豊富です。学園制服メイド衣装、物語の進行に伴い、夏秋冬と計4種のメイド服。それに加え水着もあり。統一感のある制服風メイド衣装から個性的ヒロイン専用メイド衣装と幅広く、メイド作品として抜け目がありません。

基本ビジュアル枚数は111枚。各ヒロイン20枚以上のイベントCGはそのほとんどがHCGです。各√のエンディングCGにも目を見張るものがあり、ユニゾンシフトらしい工夫も感じられる点も魅力の1つです。

エロ/演出等

Hシーン総数は全49カット。各ヒロイン9~12シーンに加え、ハーレム√イベントあり。サブキャラとのイベントも収録されています。内容の質は一般キャラ下以上抜きゲ―以下。古い作品ですが、テキスト量が短いといった印象はありません

総括

ビジュアルの塗りから時代を感じられるかもですが、個人的にはメイドものとして、コンセプトにしっかりと寄り添った抜け目のない、かつ実用性ある非常に良い作品でした。

「メイド」を全面的に推した作品も多くはなく、ヒロインらしさのある「ご奉仕」はキャラ性を感じられ、数多いメイド衣装デザイン。エロゲーとしてのいちゃらぶ・サービスシーンも豊富で、メイドものの何たるか全てを兼ね備えた内容は好印象でしかありません。メイド好きにはうってつけの一作です。

要点まとめ

メイド」を全面的に推した作品
メイド衣装が豊富
キャラの良い作品
各ヒロイン個性のある「ご奉仕」

関連作品・情報等

★『ガールズフランティッククラン』



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。